日々の交流が…

先週も発熱の患者さんがたくさん来られました。

コロナウイルスの検査は異常なしでしたが、

その後も発熱が続くため、近隣の病院に診察依頼しました。


発熱があり、原因がはっきりしないための病院への受診なのですが、

コロナ禍の昨今、受け入れが難しい場合が増えてきました。


市内の別のクリニックの先生が専門なので、

患者さんに説明して受診していただきました。

市内の開業医の先生にも、専門の先生がたくさんいます。

互いに協力して患者さんへの対応をすることがよくあります。

地域の先生たちとの日々の交流でそれぞれの専門を知っていることが、

より良い医療にもつながります。