空気の管理

新型コロナウィルスが流行して以来、

「空気」を管理することに一層、気を配っています。

うねび内科クリニックの院内には、

大学病院の病棟や手術室でも使用される医療空気清浄機を設置して、

仮に90人の患者さんが来られても、

密にならないほど、しっかり空気をコントロールしています。


さらに自然換気も施行し、

クリニック施設内でのエアロゾル等による感染は考えにくいほど万全です。

乾燥するとウィルスが長く空気中に滞在するので、

この冬はクリニックの加湿器を5台に増やしていました。

先週から気候も暖かくなり、

クリニック内も少し蒸し暑くなり加湿器を片付けました。

湿度管理を行い、40から60%に調整しています。


昨日の雨の湿度と、今日の暖かい陽射しで気持ちのいい一週間が始まりました。

まだまだ見えないウィルスは収まりません。

引き続き、念には念をの「空気の管理」を徹底し、

患者さんに少しでも安心してもらいたいです。