僕の好きなドラマ

僕の好きなドラマの一つ「JIN -仁-」

現代の脳外科医の南方仁先生が江戸時代末期へタイムスリップして、

江戸時代で脳外科の手術をするというお話です。

現代では、当たり前の手術器具もないなかで、

メス一つですら、違う金物を代用して手術をする場面で、

過去の誰かが作ったからこそ今の現代医療があることに気付いていきます。


江戸時代で坂本龍馬も登場し、

歴史上の事柄とフィクションがまざりながら、

当時では治療不可能なケガや病気を治し、

江戸の町の人々を救っていきます。


主人公、南方仁の人格の良さに胸がスッキリします。

清貧をつらぬいて、庶民を助け、

「医は仁術なり」と気持ちのいいドラマでした。

江戸時代の遊郭の女郎たちを梅毒から救おうとペニシリンを作ったり、

ちょっと無理もありますが、

医者はかくあるべしと思います。

※ 写真はこちらのサイトからお借りしました